【55万人調査】都道府県別の出産費用ランキング!あなたの地域はいくら?

お金

「出産費用っていくらかかるの?」
「うちの地域だとどのくらい?」
「なるべく節約したいけど、どうすれば?」

こう
こう

今日はこんなお悩みにお応えします!

★ 本記事のPoint ★

・55万人の調査から本当に必要な出産費用
【実体験】出産費用を節約できた方法

ちなみに本記事の執筆者、ふたパパの片割れ「こう」はこんな夫婦です
・埼玉在住
・アラサー共働き夫婦
・絶対に損したくない性格
・1商品を買うのに、最低3商品以上は比較
・賃貸アパート1LDK
・車なし
・暴れん坊なペット(豆柴♂)と同居

では、まいりましょう!

都道府県別の出産費用まとめ

国民健康保険中央会が発表している出産費用の最新調査(2016)を、ご紹介!


出産費用といっても、手当出産一時金の42万を貰えます!
なので、実際に支払う額は、出産費用から42万を引いた額になります。

なおこんなデータとなっております。
・約55万人の平均値
・”正常分娩時”の費用
・病院・診療所・助産所の平均

こう
こう

出産費用と実費(費用 – 42万円)を、ランキングでどうぞ!!

順位都道府県出産費用 実費 
一時手当除く
1鳥取県396,3310
2熊本県415,9230
3沖縄県418,1640
4宮崎県428,1578,157
5大分県430,14110,141
6山口県432,42212,422
7高知県435,24115,241
8青森県435,41415,414
9佐賀県438,34118,341
10鹿児島県443,21323,213
11北海道443,27123,271
12秋田県449,26029,260
13長崎県452,47232,472
14和歌山県457,49837,498
15岩手県458,23538,235
16香川県463,32543,325
17石川県464,24144,241
18愛媛県466,19246,192
19福井県469,14549,145
20福岡県473,42053,420
21富山県476,14556,145
22徳島県476,15056,150
23島根県477,77757,777
24福島県478,96558,965
25奈良県479,80759,807
26岐阜県482,59162,591
27京都府482,78762,787
28広島県486,55466,554
29滋賀県490,04970,049
30山梨県490,76370,763
31岡山県491,19671,196
32新潟県496,62476,624
33静岡県499,65579,655
34三重県500,67780,677
35山形県501,40081,400
36大阪府506,40786,407
37長野県507,28187,281
38群馬県510,15690,156
39千葉県512,08792,087
40兵庫県513,03693,036
41愛知県515,97395,973
42茨城県520,995100,995
43埼玉県531,609111,609
44宮城県535,745115,745
45栃木県543,457123,457
46神奈川県564,174144,174
47東京都621,814201,814

TOP3の鳥取・熊本・沖縄は、Luckyです★
まさかの実費0円です。

なんなら、おつりがくるので、出産準備費用に充てられますね!

総じて、西日本が安い傾向にあります。
お医者さんや病院が多いのが、影響しているんですかね。

逆に!
茨城・埼玉・宮城・栃木・神奈川・東京都の6都県は、少しお高めという結果に…。
実費でも10万円以上かかってしまいます

ちなみに全国平均は505,759円です
出産育児一時金を引いた場合の実費は、8万円程度です。

こう
こう

みなさんの住んでる所、出身地ではいかがでしたでしょうか?

この記事の最後には、出産関連の費用を節約できる方法をご紹介します!

【参考】公益社団法人 国民健康保険中央会 出産費用
https://www.kokuho.or.jp/statistics/birth/2017-0620.html

どんな費用がかかる?

全国平均で505,759円のも出産費用が掛かります

実費だと、約8万円程度ですね。

どんな費用なのでしょうか?

これまた、公益社団法人 国民健康保険中央会の最新調査(2016)から、ご紹介!

項目平均費用
入院料112,726
室料差額16,580
分娩料254,180
新生児管理保育料50,621
検査・薬剤料13,124
処置・手当料14,563
産科医療補償制度15,881
その他28,085

やはり、分娩費が最も高いですね!

ちなみに、正常分娩は76.3%と言われており、分娩方法が変われば、金額も増えます。
・無痛分娩:+10万~15万
・帝王切開:+5万円~
・鉗子・吸引分娩:+2,3万~
  ※病院毎に差があります

上記費用は個人が調査したデータなので、ご参考まで。

【参照】リクルートマーケティングパートナーズ 出産・育児に関する実態調査調査(2016)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000198.000010032.html

【実体験】節約するコツ

結論、検診や出産などの医療費は節約が難しいので、出産準備品を節約するしかありません!

出産までに掛かる、3つの費用がかかります
①妊婦検診
②出産準備品
③出産(入院・分娩)

①妊婦検診 ③出産費用の節約

正直、医療費なので節約が難しいです…。

期待していた方、本当にごめんなさい。

唯一の方法は、首都圏に住んでる人は里帰りするのが一番の節約かも…。

実は病院や診療所とくらべて、
助産所の方が5万円程度、費用が安いというデータもあります。

しかし、お産場所選びは費用より、安心できる所を選ぶといいと思います。

②出産準備品の節約

準備品については、節約できるポイントは、たくさんあります!

たとえば…

そもそも要らない物を買わない
・コスパ高い商品を調べる
・西松屋など安いお店で買う
・楽天のスーパーセールを狙う

それぞれ、節約する方法は個別で紹介してます!

気になる方は、見てみてください!

〇節約したい方におすすめの記事

【376人に聞いた】結局、出産準備はいつから始めて、何をすればいい?

楽天で4.6万円お得!【実際に購入】おすすめの出産準備品22選

まとめ

・全国平均で505,759円のも出産費用が掛かる

・正常分娩であれば、実費0円の地域もあれば、10万以上かかる地域もある

・出産費用のほとんどは分娩費用が占める

・検診代や出産費用は治療費なので、節約しずらい

・節約したい人は、出産準備品を賢くかうべき

コメント

タイトルとURLをコピーしました